2005年03月02日

グリッドコンピューティングでアニメ製作

映像制作プロダクションの白組とビルドイン、NTTデータは3月1日、フルCGアニメをNTTデータの分散コンピューティングプロジェクト「cell computing βirth」を活用して制作するプロジェクトを始めた。
一般ユーザーのコンピューティングパワーを集めてCGレンダリングに活用し、完成したアニメはイベント上映やTV放映を予定している。
(ITmediaの記事による)

以前に紹介しました「グリッドコンピューティング」という技術を用いたアニメ製作ですね。


グリッドコンピューティングは、負荷の高い処理をするのを目的としていますので、今回のようなCG製作には適していると言えます。

参加する方法は、セルコンピューティングの公式サイトからクライアントソフト(Windows XP/2000)をダウンロードし、インストールして登録する。
レンダリング中は、画面にレンダリング中の場面が表示され、制作に参加する気分も味わえるとのこと。

こういったユーザー参加型プロジェクトは、今後益々増え、人気が出そうな予感がしますね。

cell computing公式サイト

この記事が参考になったと思われた方はポチっと応援よろしくお願い致します

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shimon12/15400266