2005年03月05日

鉄人28号を操縦する

大阪市の次世代ロボット開発ネットワーク「RooBO」の会員企業であるヴイストン、ロボ・ガレージ、サンパック、三和電子機器の4社が2足歩行ロボットを共同開発したと発表した。
今回発表されたロボットは、人気漫画「鉄人28号」を忠実に再現したホビー系のヒューマノイドロボットで、大きさH380×W185×D140(mm)、重量2.5kg。自由度は脚が5自由度、腕が3自由度、腰が1自由度で、専用コントローラーを使って操縦することができる。
(PCWEBの記事による)

おそらく、「鉄人28号」を見たことのある人は、主人公の正太郎のようにロボットを操縦したいという願望を持ったことがあるはず。それがまさしく現実になったのです。
(ただし、50分の一スケールですが)


鉄人28












ロボットの製作に関してはプロの集団が製作しているだけあって、動きが非常にリアルです。(PCWEBで動画も見れます)

かなり欲しくなってきましたが、コントローラーまで付けると33万5千円だそうですね、、ムムム(汗)

PCWEB

この記事が参考になったと思われた方はポチっと応援よろしくお願い致します

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shimon12/15599417