2005年03月11日

愛知万博を支える先端技術の裏側

3/25から開催される「愛知万博」では、どのような先端技術が使われているのかを、Tech総研さんで特集されています。

チケットに0.4mm角のRFID「ミューチップ」が使われていたり、リニアモーターカーやヒューマノイド・恐竜型の2足歩行ロボットなど、先端技術の目白押しですね。

今後のIT社会の未来を垣間見えるイベントではないでしょうか。

でも、個人的に最も見たいのは、冷凍保存されたマンモスだったりします(^^)

Tech総研

この記事が参考になったと思われた方はポチっと応援よろしくお願い致します



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shimon12/16078487
この記事へのトラックバック
次世代型ロボット開発が進んでいることは断片的なニュースで知ることができるが、実際にその活躍を見る機会は少ない。 その点では、愛知万博によって一般的な認知度が高まるという有効性は高いと思う。
ロボットと万博【ひとりよがりシナジー】at 2005年03月11日 19:39
http://blog.drecom.jp/momongaz/tb_ping/71
IT政策の実験場でもある「愛知万博」【seironニュース解説】at 2005年03月24日 20:29